一瞬の珈琲への思い

 今ここに一杯の珈琲があって、その珈琲の香りを楽しみながら飲む時というのは、何かすう〜と緊張感がほぐれ、時間というものを一瞬忘れて、そこに居られる様な贅沢な気分を味わう時があるのでは?それは一人であろうと誰かと一緒であろうと、水やその他の飲み物を飲む時とはチョット違う気分を感じる事はないですか?・・・でもそれは珈琲カップ一杯を全部飲んでしまうまでにあるか、ないかのほんの一瞬かも知れへんね。